利便性に優れたウォーターサーバー

温度調節が自由な魅力

ウォーターサーバーを利用するといつでも自由な温度の水を取り出すことができるのが魅力です。暑い夏に冷たい水を飲みたいというときには冷水を出し、お茶やコーヒーを淹れたいというときには温水を出すことができます。細かく温度調節を行うこともできるので、80度のお湯で緑茶を淹れ、95度の熱湯で紅茶を淹れるといった使い分けを行うのも自由です。カルキ抜きをする必要がない天然水やRO水を使っているのでカルキの入っていない水を飲みたいというときにわざわざ一度沸騰させてから冷蔵庫で冷やすという手間もかかりません。料理をするときに熱湯や冷水を使って時短をすることもできるため、ただ飲むとき以外にも広く利便性が高いのが特徴です。

備蓄水として役に立つ

水のボトルを購入して載せ替えながら利用するのがウォーターサーバーの特徴であり、定期的に水のボトルは宅配してもらうことができます。大量の在庫を抱える必要はありませんが、数週間分の水は自宅に置いておくことになるのが一般的です。その水は常に新鮮なものになっているので、いざという時には備蓄水として利用することができます。災害が起こったときのために水を備蓄しておくように行政側からも呼びかけが行われていますが、ウォーターサーバーを導入するだけで自然にその取り組みができるのです。水が古くなっていないかと時々気にかける必要もなく、常に入れ替えて安全なものを用意しておけるのが魅力であり、ウォーターサーバーを導入するメリットになります。

宅配水とは、ウォーターサーバーと呼ばれる専用機器を自宅に設置し、契約メーカーが提供する天然水や地下水を利用するサービスの総称です。

© Copyright Water Utility Management. All Rights Reserved.